Google Storage を使ってみた

 GoogleさんがGoogle Storageというサービスを開始していた。有料だそうだ。

今は、in the Labということで、100GBまで無料で限定お試し中ということだったので、申し込んで見ると、Googleからメールがきた。登録を済ませ、実際に使ってみた。登録の際、クレジットカードの番号を聞かれたが、持っていなかったので適当にスルーした。

Web上でフォルダなどを作れるアップローダー的なツールもあったのだが、ちゃんと使おうと思ったらPython辺りが必要になる。ということで、Pythonでいじることに決めた。

しかし、結局のところ、アップロードやダウンロードにお金がかかるとのこと。おい、ミラーリング的な同期ができないのにそんなことしないでくれ、と小一時間悩むも、諦めた。

とりあえずスクリプトを組んで試してみようと思って、いろいろいじっているうちに面倒になって放置してしまった。調べてみると、同様のサービスは他にもあるらしく、また、GSはそれらと比べるとやや割高だそうだ。まあ、Googleのサービスとあって信頼性は抜群なのだろうが、お金のない、ましてやクレカも持っていない私にはハードルが高すぎた。

そんなこんなでふらふらしている間に、Googleから使用権剥奪のメールがきた。クレカ番号は適当ではいけなかったらしい。クレジットカードをお持ちでない皆さんはお気をつけて。。。という報告でした。