情報検定(J検) 情報活用試験 1級 受験記録

 2012年06月17日に「PBT方式(ペーパー)平成24年度前期試験」を受験した。本検定の受験は初めて。試験の概要や方式などの情報は、公式サイトやWikipediaを参照して欲しい。


1. 申し込み
 申し込みの際には、受験票が届く期限がWebサイトのどこにも示されていなかったため不安を感じた。

2. 当日: 試験会場
 会場は横浜を希望し、岩崎学園情報科学専門学校だった。六階の小さな教室で、受験者は20人程度だった。試験官は会場校の教員1人で、受験者には会場校の学生が多かった。問題冊子は持ち帰ることができた。

3. 当日: 試験内容
 今回の試験は例年に比べてやや難しめだった印象を受けた。J検は定義が緩く曖昧な問題が多いので、想像や運を駆使しなければ満点が取れないというのが私の認識である。

4. 当日: エピソード
 今回の試験問題では問題文にミス(ABC分析で1箇所、ユーザ認証で1箇所)があり、私の右に座っていた学生が試験後に試験官である教員に質問をしていた。その教員がミスを否定していたのには幻滅したが、学生が賢かったのはよいことだ。

5. 当日: 出来栄え
 試験の出来はそこそこ。曖昧な問以外は自信を持って回答できた。電卓、消しゴムは持参していたが使わなかった。

6. 結果
 試験翌日の19:00ごろにサイトに解答が掲載された。自己採点の結果、2問誤答していることが分かった。点数で言えば95点くらいか。満点を目指していただけにショックが大きい。
 と、思っていたが、実際には誤答は1問で、98点での合格だった。満点でない時点で同じ事である。カードサイズの合格証を自分で印刷することができた。いわゆる合格証書や合格証明書の類は、追加で購入しなければ手に入らない。


[参考] 情報検定:J検
[参考] 情報検定 – Wikipedia